骨法式整体とは

日本伝統の武医術と現代医学の融合


武道家・堀辺正史の「35年、延べ10万人以上」の臨床経験から帰納された「経験則」と「科学的根拠のある理論」に基づいて、「姿勢−動作」を分析し、病因を根本的に改善します。

日本伝統の武医術と現代医学の最新の理論を導入し、融合したその施術の特長は、「皮膚」の歪みを治して「筋肉」「骨格」まで一挙にその場で、即効で治して元気にしてしまうことです。

骨を「ボキッと矯正」するのは不安で危険と感じている人が待ち望んでいた
「やさしく安全」で、しかも「完全に治しきる」手技療法が誕生しました。


骨法式整体の治療風景
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。