パソコン病

頚椎ヘルニアの手術回避!

太田 道彦さん(41歳)


症状は?

頚椎ヘルニア
右腕の痺れ


治療前の状態

MRIで首のヘルニアが確認され、右腕が常にしびれている状態でした。

友人の紹介で骨法の治療を受けることになりましたが、最初は半信半疑でした。
でも、手術はしたくないので、とにかく何とかしてもらいたい一心です。


治療およびその後の経過

皮膚を伸ばすという骨法の治療法に最初は面食らいましたが、明らかにしびれはなくなり、伸ばされて痛みがあった皮膚も徐々に痛みが消えてきたので、半信半疑は確信に変わりました。

少し治療期間が空いても経過良好でした。有難うございます。


当院からの一言

MRIでしっかり確認できるくらい椎間板が出ており、首の正常なカーブも無くなっている【ストレートネック】の状態でした。

治療を開始した当初は、皮膚を伸ばした時の痛みにずいぶん困惑されていました。

しかし、回数を重ねていく中で、その痛みの軽減と同時並行にヘルニアの症状が緩和されていくことを実感されてからは、別の意味で困惑されていましたね。

手術も視野に入れていたということですから、回避できて何よりです。