その他の症状

右膝半月板損傷による膝痛が改善!

東京都 吉田さん(53 歳)


症状は?

右膝内側半月板の亀裂
まったく正座できず
走ることはできず、ゆっくり歩行のみ
好きなテニスはまったくできず精神的にも落ち込みがち

治療前の状態

整形外科のMRI診断で右内側半月板が損傷、真ん中辺から外に向けて二枚おろし状態といわれる。
手術を考えたが、まずは接骨院等で治療しようと思い、週2回程度の超音波、電気治療及び針灸治療を8ヶ月間試みるも一進一退、テニスは諦めようと思っていました。
経過が良くないので手術を考えている時に、たまたま知り合いから紹介され骨法会へ。
(2012年8月9日)


治療およびその後の経過

難易度が高かったのでしょう。
一進一退で施術の効果は長続きせず、何度も通院をやめようと思いましたが、師範代の「絶対治します」の言葉と前向きな明るさに勇気付けられ施術を受けること約2ヶ月。痛みが軽減する日が週に何日かでてきたのです。

2012年10月上旬、骨法会の道場で初めて走れたことを忘れません。
約10ヶ月ぶりに走れた時のマットを蹴る音が今も耳に残っています。

その後も一進一退でしたが、お風呂で正座できるようになったり、週に何日かは痛みなく歩けるようになったりしながら徐々に良くなり、2013年3月にはなんと〜!テニスコートに立つことができ、軽いテニスならできるようになったのです。

まるで夢のようでした。

そして2週間に1回2時間程度のテニスから徐々に負荷を上げてみました。2013年10月には4時間やっても平気になり11月にはテニス大会にも出場出来ました。

「夢のまた夢」とはこのことです。

現在も半月板は損傷したままだと思います。外側は多少くっつくようですが(高齢では無理みたいです)内側はくっつかないで割れたままが多いそうです。

また、縫合手術や一部切除手術、人工関節、先端医療ではiPS細胞による甦生の可能性もあるようですが、まずは骨法の皆さんに施術され痛みがほとんど解消したこと。負荷をかけても違和感ぐらいで済み、メンテナンスすれば元に戻る状態になれたことに、ひたすら感謝!!感謝です。

今は1ヶ月に1回ぐらいのペースで骨法さんに行っていますが、そのぐらいは仕事や趣味で頑張っている自分へのご褒美だと思っています。
骨法の皆さん、本当にありがとうございました。

特に親身に相談にのってくださいました山本師範代にはこの場を借りて御礼申し上げます。
また世間話の会話だったのに骨法会を紹介してくれた知り合いのM・Y氏、ありがとうございました。